スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2017の投稿を表示しています

冷蔵庫の買い替え

冷蔵庫を買い替えた。(正確には冷凍冷蔵庫だが、冷凍庫がついて無い冷蔵庫の方が今や特殊なので、単に冷蔵庫と呼ぶ事にする。昔はカラーテレビと呼んでいたのがテレビに変わったのと同じである。) 今迄使っていた冷蔵庫は2001年製と扉に書いてある。16年使っていたらしい。

結婚以来、3代目の冷蔵庫になる。初代のは9年(=25年ー16年)で故障して突然冷えなくなり、慌てて買い替えた。2代目も冷蔵室が冷えなくなって2回修理を呼んだ。

その時買い替え無かったのは、冷凍庫は冷えていて簡単に直ると思ったから。最初は霜取りヒーターの不具合で冷蔵室の冷却器に霜が着きすぎたのが原因で、部品交換した。2度目は妻がアイデア商品の冷気カーテンなるものを取り付けてから霜が着きすぎるようになったのが原因。ドライヤーで霜を取って貰うだけで直った。(冷気カーテンで物の出し入れがやり難くなってドアを開けている時間がかかるようになったからか、と思っている。ドアポケットの物も冷えなくなるし…。)

今回、冷蔵庫を買い替えたのは故障が原因ではなかったが、毎年夏になると冷蔵庫が大丈夫か不安だった(冷蔵庫表面がとても熱くなる)し、断捨離(2人の生活に相応しい小さな冷蔵庫に)したかった。最新の冷蔵庫は省エネらしいし。

野菜室を重視して選ぶと 我が家は冷凍食品は殆ど使わないので、冷凍庫は小さくてよいが、野菜室は大きく真ん中にあって欲しい。しかし、最近の冷蔵庫は冷凍庫を重視している為に野菜室以上に冷凍庫が大きい製品しか無い。それで、結局は先代の冷蔵庫とほぼ同じ大きさの冷蔵庫で検討する事になった。背の低い冷蔵庫の方が使い易いのだが、そうすると野菜室も小さくなってしまうのだ。
野菜室が大きく真ん中という条件に合うのは東芝とパナソニックのみだった。東芝の家電製品は既に中国の会社に買収されていて、東芝本体が傾いても大丈夫そうだったが、値段と消費電力の点からパナソニックの製品にした。
消費電力の謎 先代の冷蔵庫の扉には、年間消費電力340kwhと書いてある。買い替えた冷蔵庫の年間消費電力は360kwhである。おかしい、最新の冷蔵庫は省エネでは無いのか? 調べてみると、冷蔵庫の消費電力を測定する方法が2006年と2016年に改訂されたのが原因だった。
2006年の変更では、新測定法で評価すると旧測定法の約3倍の消費電力になる。2016…

蛇との遭遇

昨日、お気に入りの散歩コースで蛇に出会った。

川沿いの遊歩道で、いつも野鳥や魚の様子を楽しみながら歩いていたが、蛇に出会ったのはココに引っ越してきて初めてだった。


この自然豊かな遊歩道は海にも山にも通じていて、今日は海の方に行こうか、山の方に行こうかと毎日のように散歩しても飽きない。散歩の御蔭で何とか運動不足も解消しているはずだ。住まいの価値の多くはその立地にあるという格言は本当だと思った。

勿論、自然豊かな立地というだけでは住む場所として困る。都市機能として、コンビニ、銀行、郵便局、スーパーマーケット、カフェ、レストラン、図書館、スポーツクラブ、本屋・百均の店・クリーニング店・パン屋等の商店…は近所に必要だ。

そして、交通の便も良くあって欲しい。家の近所では不足する都市機能も補ってくれる。交通費と乗車時間を無視すれば、家から最も歩く距離の短いスーパーマーケットはデパ地下だったりするから、高齢になり車や自転車の運転や歩行が大変になっても電車を利用すれば暮らせるのでは無いか…などと思ったりする。

最近、娘が就活で関西各地に出かけるが、ここは目的地に応じて3つの鉄道路線を使い分ける事が出来て実に便利だ。(自慢)

追伸: この処、自家用法人と情報技能のページを鋭意改造中。