こぶり主義

こぶりな生活を続けていたら、自由な身分になれた。その、自由な時間を使って、自由な身分であり続ける術を考え、自由な身分である事の意義を考えた。それを「こぶり主義」と呼ぶことにした。

このブログを書いている人について

現在のプロフィールとブログを始めたいきさつ。

こぶり主義とは

良い物を少な目に、という心がけで節約が出来て、貯蓄が出来て、投資が出来て、肩の荷が軽くなって精神的余裕と時間の余裕が出来て今の生活がある。それを「こぶり主義」と名付けてみた。その精神は単に持ち物に留まらず、やらなければならない事、人間関係 等にもおよぶ。

しかし それは 何でもかんでも「こぶり」なのではない。この心がけで その言葉とは裏腹に 大きな精神的ゆとり、時間的ゆとり、経済的ゆとり が得られたのだ。

しかし、それは私だけでは無かった。いつの間にか 断捨離、小さな暮らし、持たない暮らし、丁寧な暮らし などのタイトルの本が書店の本棚に沢山並んでいた。バブル世代のその下は皆 そんなライフスタイルを心がけているようにさえ感じている。

このブログに書くこと

この世の中に既にある情報は書く必要がない。現在の私は こぶり主義 あってのものだけど、類書が出回っているなら もうそれ自体について書くのは止めよう。書くのは こぶり主義 で得られた自由時間や資金で為した 他の人にも役立ちそうな何事かである。

具体的には、無職という肩書が嫌で作った自家用法人に関する話、外国語を幾つも勉強して得られた国語や英語の教育についての提言、持ちすぎた資産を減らしていく取り組み、実際に工作した中で他の人にも参考になりそうなものについての話、人生や子育てについて考えたこと、投資について、良き人生を歩むのに必要な考える力について、など自分の頭に仕舞ったまま あの世に行くのは嫌だなと思った事を書き連ねる。

ブログからページへ

ブログは時系列に記事が並ぶが体系的とは言えない。何かについて書き出すのには便利だけど考えを整理し、再構成した折にはブログでなくページ(ブログのメニューバーから辿れる)に纏めることにした。その際にブログに書いた情報との重複を避けたり、食い違いを避ける為に、抜き出す情報はなるべくブログから消去し、そのかわりにページへのリンクを貼るようにする。だから、過去の投稿も投稿後に編集される場合がある。

このブログ内情報の利用について

ブログ記事や提供しているデータ等は MIT ライセンス に従い利用する事が出来る。