このブログを検索

2020年1月24日金曜日

ゆうちょ銀行ATM口座間送金

今日、ゆうちょ銀行の通帳に記帳した折、画面にATMでの口座間送金が4月1日より完全に有料化されるとのお知らせが出た。詳しくはウェブでだと。

給与振込は今後は「ゆうちょダイレクト」から

早速 調べてみると、今迄月に1回迄は無料だったのが初回から有料化されるとの事。但し、1回当たりの料金は125円から100円に引き下げられる。

一方、ゆうちょダイレクトからの口座間送金は今迄通りに月5回まで無料で、その後の料金は1回当たり115円だったのがATMからの料金と同額の100円に変更される。

そういう事情で、今後の給与振込はATMからではなく、「ゆうちょダイレクト」からにしようと思う。

法人口座で振込手数料が無料なメガバンク

暫く前までは三菱UFJ銀行のATMを使って給与振込をしていた。同一支店間の口座振込は無料なので。調べてみると、他のメガバンクも同じく無料らしい。

もし今後、ゆうちょダイレクトからの口座間送金が初回から有料化されたとしたら、元通りに三菱UFJ銀行から給与振込すると思う。

2020年1月10日金曜日

福男選びの見物

十日戎の今朝、早起きして福男選びの見物をして来た。

何年か前にも入場の列に並んで参加したのだが、開門を待っていた位置が門より遥かに後ろだったから開門の様子は全然分からなかった。

今回は、列に並ばず、門の近くで柵の外側から開門の様子を見物していた。午前6時「かいも〰〰ん」の掛け声と同時に門の大きな扉が予想以上の素早さで開き、先頭のくじで選ばれた集団が一斉になだれ込んでいく。その姿が見えなくなって、ようやく一般の列が警備員を先頭にゆっくりと動き出した。


開門後暫くしてから入場の列に合流し、参拝をした。先着5千名が貰える参拝の証をしっかりもらってきた。

2020年1月2日木曜日

役員報酬の改定

今年の所得から税制改正の影響を受けることになる。

自家用法人を運営する立場で言うと、給与所得控除の変更により、今まで通りの報酬額だと年間10万円の給与所得が生じる事になる。

赤字企業の役員報酬額

将来黒字になる気があるなら役員報酬もそれなりにもらって、どんどん赤字を増やして欠損額を増やしても構わない。それは、将来黒字になった時に法人所得額から繰越欠損金額を差し引いて申告できる、という意味があるから。

しかし、万年赤字企業の場合、赤字額を増やす意味はないから、役員報酬をなるべく減らして赤字額を少なくした方が何かと問題が少なくなる。だから、我が自家用法人は毎年所得額がゼロになるよう役員借入金を放棄している。

こうしている限り、会社と役員の間でお金が回っているだけだから、役員の報酬額は役員個人の所得額に関係するだけの話になる。

給与所得

役員は給与ではなく報酬という名目になるが、所得税法上は給与所得に分類され、給与所得額は報酬額から給与所得控除額を差し引いて計算する。その給与所得控除の額が本年度の所得から年間10万円引き下げられる改定が実施される事になったのだ。

その給与所得額をゼロにする為には、報酬額は年間550,999円以下にする必要がある。
そうすると、単純に12で割って月額45,916円以下となる。

よって、100円以下の端数を削って 45,900円に決める。

定期同額給与

では、1月の振り込みから減らします、という訳にはいかない。それは、法人税法上、役員報酬額を損金として扱えるのは定期同額給与の場合という決まりがあるからだ。

その為には「その事業年度開始の日の属する会計期間開始の日から3か月にされる定期給与の額の改定」という条件を守らないといけない。

我が自家用法人の会計開始の日は1月1日なので、今日改定して1月分の報酬額から変更すればこの条件を満たすのだが、その報酬額の振り込みは2月になる。1月の振り込みから変更したとすると、その改定は去年の12月になされた事になって定期同額給与の条件を満たさなくなる。

そういう訳で、報酬額の変更は2月振り込みの分から実施する事にした。1月の報酬額が多いままなので今年の給与所得額はわずかにプラスとなってしまうが、基礎控除額等があるから個人所得額としてはプラスにならないので大した問題ではない。

2019年12月12日木曜日

Google日本語入力の取るに足らない問題点

「かなプラス」と名付けたローマ字入力の新しい方式を開発中である。ようやっと完成度が上がってきて公開しても良いかな? と思うのだが、一度公開すれば新しいアイデアや変更したい点を思いついても安易に変更するのはユーザーに迷惑になる。

だから、暫く自分で使ってもうこれ以上変えようがないと思える迄テストしたい気持ちとなるべく早く公開して宣伝してたくさんの人に使って欲しい気持ちが同居する。

システムに問題があってもそれを回避して使う

「かなプラス」はGoogle日本語入力のローマ字定義ファイルである。Google日本語入力に問題があれば影響を受けるが、問題点を指摘して直してもらう事は期待しない。私が気付いた問題点は特殊な使い方をしている為であろう。これ迄誰も気付かなかっただろうし、その問題点は通常の使い方では何も問題は無さそうだから、指摘しても直して貰えるはずもない。

例えば、小書きの「ゕ、ゖ」をカタカナに変換させようとしても対応するカタカナ「ヵ、ヶ」になってくれないとか。それは、私がローマ字変換で「ゕ、ゖ」を出せるようにしたから問題点が見つかったのであって、通常のローマ字変換では「ヵ、ヶ」しか出せないのだから何ら問題にならない。

だから、当初は「ゕ、ゖ」だけを定義して「ヵ、ヶ」はカタカナ変換で出してもらうように考えていたけど、どちらもローマ字変換で出せるようにして問題点を回避した。

「ひらがなに変換」機能の話

そして、最近見つけたのが、「ひらがなに変換」という機能が、実は「元に戻す」だったという事。それは、JIS X 0213 で定義された「か」行鼻濁音を実装しようとして見つけた。

JIS X 0213 では、「か゚、き゚、く゚、け゚、こ゚」と「カ゚、キ゚、ク゚、ケ゚、コ゚」の両方が定義されている。しかし、JIS X 0213 で新たに定義されたアイヌ語用の小書きカタカナともどもカタカナ拡張という形をとろうとしていたので、当初はカタカナの方だけローマ字変換で出せるようにして、ひらがなの方は「ひらがなに変換」を使えば良いやと考えていた。

しかし、「カ゚、キ゚、ク゚、ケ゚、コ゚」を「ひらがなに変換」としても何も変わらない。ところが、「半角カタカナに変換」してから「ひらがなに変換」とすると、「カ゚、キ゚、ク゚、ケ゚、コ゚」が「カ゚、キ゚、ク゚、ケ゚、コ゚」に変換された。つまり、ローマ字変換の定義では ひらがなの定義 しか想定されてはいないから「元に戻す」動作に「ひらがなに変換」という名称を与えても何も問題ないらしい。

この問題も結局はひらがなの方だけを定義して、カタカナの方は「カタカナに変換」で出してもらうように実装した。

スペースの定義

その他にも色々と変わった定義を試みた。スペースを入力キーにしたいとか、スペースを出したいとか。これを試したら、そもそもスペースはローマ字変換の入力の対象外らしかった。
スペースをローマ字変換の入力キーに定義して何らかのコードを出力させようとしても変換されずにスペースがそのまま出力されてしまう。
一般に変換キーにはスペースが割り当てられているからこれも問題にはならないようだ。

では、スペースではないキーにスペースを定義したらどうなるのか。これにも問題があって、半角スペースを定義しても全角スペースに変換されてしまう。ただ、半角スペースの代わりに nbsp (no break space) を定義すれば、見かけだけは半角スペースに出来ることは発見した。

スペースを入力してスペースがそのまま出力される、これは通常の使い方では何も問題ないのだが、ラテン文字モードというものを作って アルファベット → かな の変換が働かないようにした時、スペースがそのまま出力されることで そのラテン文字モードが終了してしまいスペースの次に入力するアルファベットは かな に変換されてしまうのだ。

素直に IME をオフすればわざわざスペースの定義など要らないのだが、そうするとアクセント記号を含んだ文字( é とか)の文をローマ字変換を使って出せなくなる。

この問題はスペースの定義を諦めて、単語レベル迄ならローマ字変換でラテン文字、ギリシア文字、キリル文字などが出せるようにして、文章を書きたいのなら IME をオフして言語キーボードを使うように使い分ける事で解決した。

2019年11月22日金曜日

バウハウス展

今日は11月22日。語呂合わせで良い夫婦の日という事らしいので、近所の美術館でやっているバウハウス展に夫婦で行ってみた。

バウハウスとは

ドイツで1919年に設立された工芸と建築の学校で、活動期間はわずか14年間ではあったが現代に至るまでその分野において大きな影響を与えた。そういう訳で、設立から100周年を迎えるにあたって日本各地でも記念のイベントが行われている。

私もバウハウスの名前は以前から知っていて興味があったのだ。

展示会場

いつもの美術展とは違って観客は男性の方が多い。入場券が紙の造形作品になるように作られていて面白い。


そして、自由に触れるコーナーもあって、文字デザインに挑戦してみた。


これ、どうですか。