バウハウス展

今日は11月22日。語呂合わせで良い夫婦の日という事らしいので、近所の美術館でやっているバウハウス展に夫婦で行ってみた。

バウハウスとは

ドイツで1919年に設立された工芸と建築の学校で、活動期間はわずか14年間ではあったが現代に至るまでその分野において大きな影響を与えた。そういう訳で、設立から100周年を迎えるにあたって日本各地でも記念のイベントが行われている。

私もバウハウスの名前は以前から知っていて興味があったのだ。

展示会場

いつもの美術展とは違って観客は男性の方が多い。入場券が紙の造形作品になるように作られていて面白い。


そして、自由に触れるコーナーもあって、文字デザインに挑戦してみた。


これ、どうですか。