スキップしてメイン コンテンツに移動

資産ゼロからスタートする

相続対策というものがある。如何に相続税を減らすか、というものらしい。そんなの簡単である。相続税が掛からないように資産を減らせば良い。

世間一般には子孫に受け継がせる資産を減らさずに、尚且つ相続税を少なくするのが相続対策というものらしい。しかし、バブル期には、その相続対策の為に膨大な借金をして計算上資産がないようにしたら、子孫には膨大な借金だけが残ったという悲惨な話が沢山あった。

だが、代々の資産家の生まれで、お前の使命は資産を子孫に受け継がせる事だと言われて育った人がそんな行動を取るのは仕方が無いのかも、と思う。特に、その資産が家業の為に必要で、それで多くの人が仕事をしているのなら。

でも、それは子孫にとって必ずしも幸せな事ではないはず。資産に人生を縛られて自由に生きていけないではないか。だから、ゼロからスタートすれば良いのだ。そうすれば自分の資産は自分のもの。先祖に気遣う事無く自由に処分出来る。そして、子孫に資産を残さず、子孫の人生を縛らないようにする。だから、私には代々の資産家でもない人が相続対策とやらに悩んでいるのは不思議なのである。

格言で「魚を与えず、魚の釣り方を教えよ」というものがある。子孫に資産だけを残せば、その資産が尽きればそれまで。だけど、子孫に教育を施し自活出来るようにすれば資産が無くても困ることはない。だから、子供達に良い教育をして、資産はなるべく使って減らすのが親の勤めだと思っている。

教育といえば、多くの人にとっては学歴だけが関心事だと思うけど、本当に大事なのは生活の技術だろう。少ない収入でも豊かに生きる術を身につけさせればどんな仕事を選ぼうとも幸せに生きていける。高い収入を得る為に高い学歴、なんて思っていると人生の選択肢が狭くなる。

尤も、高い学歴で得られる選択肢もあるので、子供達が進学したいのなら学費は出すと言ってある。なるべくお金を使わない生活習慣でやって来たので資産を使って減らすのには慣れてない。だから、教育費で資産を使えれば一石二鳥だ。