スキップしてメイン コンテンツに移動

引っ越し1周年

昨日が引っ越しから1周年だった。この1年、暮らしてみてどうだったかを振り返ってみる。

良かったこと(気に入っている順に)
  • 家が暖かい。夜寝る前に室温20度位にしていた暖房を止めて、翌朝の室温は17度が冬の最低だった。同じ条件で前の家よりも5度は高い。
  • 日当たりと風通しが良い。室内に湿気が溜まらない。新居ではベランダの手すりに布団を掛けて干せないけど、布団は室内の陰干しで大丈夫だった。
  • 収納が多い。引っ越しを機に断捨離したせいもあるけど、収納家具を減らせた。
  • 玄関、廊下、トイレ、キッチン、洗面所が広いので動作しやすい。
  • マンション内の騒音は気にならない程度になった。
  • 夏に蚊が殆どいない。(4階部分)
  • 駅が近い。最寄り駅は玄関から改札まで3分で行けるので、大きい荷物がある時や雨の日に便利。また、3つの駅が利用できるので目的地に応じて使い分けられる。
  • 3つの駅までの道程の大部分が美しい歩行者用道路で木陰が多い。
  • マンション周辺は平坦で歩道も広く、自転車も走りやすい。
  • お気に入りのレストランやパン屋が徒歩圏内に多数。
  • 最寄りのコンビニが近くなった。(徒歩5分)
  • 都心まで近くなり、料金も安く、更に電車で座れる率も高まった。

前の家の方が良かったこと。
  • 以前は閑静だったけど、新居は高速道路の騒音が絶えず聞こえるし、電車が通るとテレビのセリフが聞き取りにくい。窓を閉めれば気にならないけど。
  • 近所に大規模公園がない。
  • 大規模書店が徒歩圏内にない。
  • 活気のある市場がない。その代わりにお気に入りの八百屋さんはあるけど。

どっちも家でもイマイチな点。
  • 家の内装がビニールクロス、安フローリング。賃貸では当たり前だけど、漆喰や珪藻土の壁、無垢のフローリングに憧れる。
  • スーパーがやや遠い(徒歩10数分)。雨の日は車を使う事も今は出来るけど、(10年以上先の話だが)70歳迄には運転止める積り。

結論としては引っ越して良かったと思う。家賃は1.5倍になったけど、財産は使い切る積りだから それは問題ない。寧ろ、どうやって使い切ろうかと模索している位だから、労せずして消費が増えるのは歓迎だ。良い商品と良いサービスを提供している店が近所に多いから、それも消費を増やすのに役立つはず。それで、懐具合が寂しくなって来たなら、また引っ越せば済む話だし。

課題としては、駅近の環境なのに電車を利用していない。もっと、目的もなく電車に乗って見ようと思う。ターミナル駅までの途中駅にも面白そうな所を発見したい。それから断捨離も粛々と進めて、何時でも今より狭い家に引っ越せるようにしておきたい。