スキップしてメイン コンテンツに移動

お金よりも時間

今年の抱負を家族に聞かれて、「お金を使う」と答えた。子供達もどうやら今年は就活するようで、来年からは教育費が掛からなくなりそうだから。

このブログを書き出した頃は、もうお金の心配は要らない状態になったとは言え、子供2人が自宅外の大学生や大学院生なので教育費の負担も大きいからお金が余っている感覚は無かった。この先必要となる生活費は減るはずだから資産を取り崩して行けば良いと頭では分かっていても、必要以上のお金を使うのは長年の習慣から難しい。

それでも、世界中で最も住みたい(暫定)場所に良質の家を借り、食材や外食のレベルを上げるように生活を変えた。それで、必要とする生活費を少しは増やせた。

そして不思議なことに、お金を使う事に関する意識も変化してきた。以前はお金は使うと減る、という感覚だった。つまり自分の懐具合しか考えて無かったけど、今は良き商品やサービスを提供してくれる業者や個人を応援する積りでお金を渡している。子供の為に使うお金が惜しく無いように、お気に入りの物事にお金を使うのも惜しく無くなったのだ。

何にお金を使うか

しかし、これからは それだけではお金を使い切れない。お金を稼ぐのも難しいけど、必要なお金以外のお金の使い方は案外難しいと思う。

勿論、高額の海外旅行でもすれば、お金は簡単に使える。だけど、それはお金を使うと言うよりもお金を使わされていると言うのが相応しい。巨大な豪華客船の写真を見る度に、その船室の窓の一つ一つが養鶏場の檻のように思える。その船室に押し込められ、業者が掠め取る金の卵を産まされている気がする。

どうすればお金を納得がいくように使えるのか。マネー本から お金の使い方のヒントを得ようと思ったが、儲ける話か節約の話ばっかりで何の参考にもならなかった。これだけ投資、投資とマスコミは宣伝しているけど、投資に成功してお金の使い方に関心が移った人は案外少ないに違いない。

更に、お金の使い方を考えていくと、そもそも自分は何の為に生きているのか、とか大事なのは何かとかに辿り着く。そうだ、大事なのはお金より時間だ。自分に残された時間は何を成さなくてもどんどん減っていく。そこがお金とは異なる。お金は時間を活かす為に使えば良いのだ。

そして、お金は 沢山残す必要も 使い切る必要も 無いと思うことにした。これこそ お金に振り回されない人生を送る秘訣だと思う。