スキップしてメイン コンテンツに移動

やりたい事を始める

人生に於いて、やりたい事というのは やる必要の無い事であり、やる習慣も無い事であり、やってしまう程の衝動はない事だが、後になって やっておけば良かったのにと思うような事である。

私が前の会社を退職してから十数年もの自由時間があった訳だが、この間にもっと多くのやりたい事を成し遂げる事が出来たろうにと反省する。しかし、過去を悔いても仕方が無いので、やりたい事を始める工夫をしようと思う。

目標を低くする

多くのやりたい事は 既に上手にやっている人がいて それに憧れるのが始まりだろう。しかし、それだと目標が高過ぎて 私には無理 という気持ちになって結局始められないし、例え始めたとしてもすぐに挫折する。だから目標を低くする。やり始め、続けるのが大切だ。継続していく内に目標を少しづつ高くしていけば良いのだ。

例えば、ウクレレの演奏で伴奏とメロディーを一人で出来る(ソロ演奏)とカッコイイけど、そこまで出来るようになるのは難しい。しかし、コードを3つ弾けるようになれば、もう私はウクレレが弾けると言っても良いことにして、ソロ演奏はその遙か先の目標に留めておく。そうすれば最初の一歩を踏み出し易いし、奥深ければ飽きずに続けられるだろう。

コミットする

決意を自分の心の中に秘めているだけでは 達成できなくても何のお咎めもないけど、決意を公表することで自分の背中を押す力となるはず。だから、この場で私がやりたい事を宣言する。
  • ウクレレが弾けるようになる。
  • 水泳に通う。(再開する)
  • 自転車で遠出する。
  • ブログのまとめページをちゃんと作る。
  • 自分の著書を商業出版で出せるよう内容を書き溜める。
やりたい事は この他にもあるけど一度に沢山始めても失敗するだけだから、今年はこれだけ。

分析する

目標を低くする為には やりたい事を分析して 小さなタスクに分解する必要がある。例えば ウクレレを弾くには 楽器を手に入れる、ウクレレ教室に申し込む、コードを覚える、弦の押さえ方を練習する、曲を覚える、等の作業に分解出来る。それぞれの作業は難しくはないので出来るはずである。

環境を整える

やりたい事をやらないのは、やりたい事をやっているべき時間に やりたい事では無い事をやっているはずである。そうすると、やりたい事をやり易くするとともに、やりたい事では無い事をやり難くするように環境を整えるのも大事だと思う。以下は私が考えている方法。
  • ウクレレ教室に申し込む(実行)。
  • コワーキングスペースに通う(実行)。…パソコンゲームの時間を減らすのに有効?
  • プールの回数券を買う(予定)。
  • 良い自転車を買う(願望)。