スキップしてメイン コンテンツに移動

別の支店に口座を作るのは大変

引越し後、初めての投稿。やはりブログを書くには時間の余裕が必要らしい。

引越し当日は天候に恵まれて幸いだった。随分と荷物を減らした積もりだったが、まだまだ多いと実感した。しかし、引越し屋さんにとって一番大変だったのは一枚板のテーブル。厚さ7.4cm、長さ202cm、幅74-86cmという大きさ、ウワミズザクラの比重は0.62らしいから平均幅を80cmとして計算すると74kgある(脚は外せる)事になる。買った時は分厚い板が気に入っていたが、ミニマリストを志すとなると大き過ぎる気がする。

引っ越しが大変なのは荷物だけではない。手続きも色々大変だ。住民登録、電気、ガス、水道、電話、NHK、新聞と移転手続きを済ませる。次に大事なのは事実上のIDカードである運転免許証の住所変更だ。これを済ませて、いよいよ銀行の手続きへ。

自分がメインバンクとして使っている三菱東京UFJ銀行のもよりの支店に口座を開くことにする。その支店のATMを使って新しい口座に会社の給与を振り込めば手数料がかからないのだ。

しかし、最近は犯罪防止の為か、ひとつの銀行には一つの口座しか持てないようになっているらしい。私は今迄3つも口座を持っていて引っ越し直前に一つ減らしたのだが既に2つの口座がある。窓口の係の人は新たに口座を作るのを渋っていたが、上司と相談の結果、やっと認めてくれた。新しい口座を持つ合理的な理由があったから作れたらしい。

と、ここ迄書いていたら、妻からブログを書くよりも早く片付けて欲しいと苦情が来たので今日はこの辺で。