スキップしてメイン コンテンツに移動

カードのキャッシング枠が貰えた

今日もクリーンセンターに粗大ごみを出しに行ってきた。2回目だから何も迷わず、受付待ちの車も無かったので1時間余りで戻ってきた。家の中の様子も棚に隙間が出来てきて、物が減ってきたのを実感する。

そう言えば、昨日は本と服を売りに行ったけど、その中で一番高く(250円)売れた本が「スモールハウス」(高村 友也著)という本。私の理想はこんな家と思っているけど、妻の思い描く家とは随分違うらしい。引っ越しが決まり今より広い家に住むことになって、喧嘩の原因にもなったこの本の出番も当分なさそうなので手放すことにした。だけど、これって最近人気があるの?

先日、ニコスのVIASOカードでキャッシング枠を申請して審査結果待ちという投稿をしたけど、Net BranchというニコスのWebサービスで確認したらキャッシング枠が21万円貰えていた。と、書いていたら妻がさっき届いたニコスからのお知らせの葉書を持ってきてくれた。「本書面は、貸金業法第17条2項に基づき、キャッシング・カードローンのご契約内容をお知らせする書面となります。」と書いてある。

私の公的に認められた年収を3で割って1万円以下を切り捨てれば21万円になる。20万円じゃないのが、なるべく沢山貸したいけど法令の制限があるからこれが限度ですって、言ってるようだ。

返済はリボルビング払いで返済額は毎月1万円、これはネットですぐに変更っと。あれっ、5万円以上は入力できない。う~ん、ちょっと悪どいかな。

ウチの場合は海外キャッシングしても本人カードを使って国内で繰り上げ返済するから問題ないけどね。それに、海外にいて繰り上げ返済出来なくても、ネットで返済額は臨時増額出来るから事実上問題ないんだけど。