年末調整事務

そろそろ期限が近づいて来たので年末調整事務をやることにした。そう言えば、先日の今年初めての給料日の前に、

私が会社に「平成27年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出し、会社はその内容を確認して「平成27年分 給与所得に対する源泉徴収簿」の扶養控除等の申告欄に必要な記入を行い、甲欄と書かれた文字を丸で囲む必要がある、

という話を書かなかった。これをやっていなければ甲欄ではなく乙欄を適用して源泉徴収税額を計算しなければならない。私の給与額では甲欄を使えば税額はゼロだが、乙欄を使えば社会保険料を控除後の金額の3.063%で1円未満の端数は切り捨てだから、1293円を徴収する義務があるのだ。

話は戻って、まず最初にやることは「平成26年分 給与所得に対する源泉徴収簿」を完成させること。それを元に給与所得の源泉徴収票を完成させること。更にe-Taxで税務署に法定調書等を提出し、A市役所に給与支払報告書等を提出すること。A市役所への提出は、唯一の給与所得者である私が平成27年1月1日にA市に住んでいた為である。

先に会計簿を完成させた。その総勘定元帳には源泉徴収簿を完成させるのに必要な社会保険料控除額、支払い給与額のデータがリストで出るから便利だ。それから前の年の書類を参考にしてA市役所に出す書類を仕上げる。

A市役所に提出する償却資産申告書もついでに書いてしまう。我が社は資産を一切持ってないから償却資産なしの所に丸をするだけで済む。それで発見したけど、この書類に書く資本金額も百万円単位だった。

それからe-Taxを起動して法定調書の作成。電子署名して…出来ないっっっ。スマートカードリーダーが故障の可能性あり。アマゾンで新型の物を注文してみた。また品物が来たら続きをやることに。

一昨日に届いた1オンスのメープルリーフ金貨。思った程は重くなかったが、厚みがあるので軽くもない印象。我が家の財産の最後の砦として貸し金庫の中で眠っていてもらう。

田中貴金属特製の袋に入っていたけど、袋は何か別のことに使おう。写真を撮った後で袋の下側にあった文字は擦ったら簡単に剥がれた。

そう言えば、以前のブログにGP@積立くんとG&Pプランナーはほぼ同じって書いたけど、G&Pプランナーの方は特定保管というしくみで田中貴金属がたとえ倒産しても顧客の財産は守れるらしい。僅かな寄託報酬を貰うより、そっちの方が良いんだけどな。